世界にひとつのうちの子オリジナルグッズと、目的別こだわりのペットケア用品。

新規会員登録ログイン

ようこそ、ゲストさん

「どうぶつ健康通信」ネコちゃん版8月号★ネコちゃんの心臓病

2014/08/05(火)どうぶつ健康通信

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


★もくじ★


○ ネコちゃんがかかる心臓病のなかで多いもっとも多い病気は?


 


○ 心筋症の原因は一つじゃない —診断が難しい病気—


 


○ 心筋症の症状は? —「心不全」と「血栓塞栓症」—


 


○ 心筋症の治療法は?


 


 


ネコちゃんの心臓病


担当獣医師:高野裕史


 


はじめまして! JASMINEどうぶつ循環器病センター獣医師の高野です。


「JASMINEどうぶつ循環器病センター」とは


世界でも数少ない、循環器病(主に心臓病)の


診断・治療を専門に行う動物病院です。


アニコムグループ初の二次診療施設として、


7月31日に神奈川県横浜市の都筑区に開院しました。


(ホームページURL:http://www.jasmine-vet.co.jp


今回は、当センターが専門とする、ネコちゃんの心臓病についてお届けします。


 


◇◆◇◆心臓病のなかでもっとも多いのは?◇◆◇◆


ネコちゃんに最も多く認められる心臓病は、


心臓の筋肉(心筋)に異常が生じる「心筋症」です。


 


心筋症は色々な原因で起こることが知られていて、


その原因を見分けることが重要です。


 


◇◆◇◆心筋症の原因は一つじゃない —診断が難しい病気—◇◆◇◆


心筋症の原因は一つではありません。



  1. 遺伝子異常などにより心筋細胞自体に異常がある場合、

  2. 他の全身性の病気によって二次的に心筋障害が生じる場合


など様々な原因が考えられます。


 


では、どのように心筋症の原因を見分けるのでしょうか。


 


まずは、心臓超音波検査により心筋症かどうかを診断します。


次に心筋症を引き起こす原因となる病気を見つけるために


血圧測定や血液検査など検査を行います。


「原因」により治療方法が異なるため、


最適な治療を行うためにも、原因になっている病気の特定はとても重要です。


 


心筋に障害を引き起こす病気は、「甲状腺機能亢進症」


「体高血圧症」などが代表として挙げられます。


 


【甲状腺機能亢進症】


甲状腺からのホルモンが過剰に出てしまう病気で、


中高齢のネコちゃんによく認められる病気です。


 


・性格の変化(よく鳴くようになった)


・体重の減少(よく食べているのに痩せていく)、


・おしっこの回数・量が増えた


などの症状が認められた場合は注意が必要です。


 


【体高血圧症】


心筋に障害を引き起こす原因の一つです。


ネコちゃんでは腎臓機能の低下に伴う高血圧が一般的です。


・水をよく飲む


・おしっこ回数・量が増えた


などの症状が認められた場合は、腎臓の機能が低下しているサインかもしれません。


 


上に挙げたような病気でなかった場合は、


「肥大型心筋症」(心臓の筋肉が大きくなる病気)


「拡張型心筋症」(心臓の筋肉が薄くなる病気)


「拘束型心筋症」(心臓が硬くなる病気)など


心筋自体の異常による心筋症を疑います。


 


◇◆◇◆心筋症の症状は?◇◆◇◆


心筋症が進むと「心不全」や


「血栓塞栓症」などとして症状が現れます。


 


【心不全とは?】


心筋症による心臓への負担が増えていき、


血液の循環が悪くなってしまうと「心不全」となります。


症状としては呼吸困難が現れます。


・速く苦しそうに呼吸している


・口を開けての呼吸している


・鼻をヒクヒクさせて呼吸している


などが心不全による呼吸困難のサインです。


 


【呼吸困難を見分けよう】


早い段階でわが子の呼吸困難に気づいてあげるには、


健康な時に1分間の呼吸数を測っておくことが有効です。


ソファーでおとなしく寝ているなど、安静にしている時に測ります。


ネコちゃんのお腹や胸が上がって下がっての動きを1回として数え、


15秒間の胸の上下運動の回数を数えて4倍します。


これが1分間の呼吸回数となります。


30回/分以下が正常とされていて、


50回/分以上となるような場合は異常と言えます。


普段から呼吸数を数えて記録しておくことで


異常時に素早く気付けるようにしましょう。


 


呼吸数の測定は、心不全を発症した後の管理にも役立ちます。


動物病院で測定するときは興奮や緊張のためにどうしても高い数値が


出やすくなります。


安静時の呼吸数はご家族にしか得る事のできない非常に大切な


情報となりますのでしっかりと測っておきましょう。


 


【血栓塞栓症とは?】


血液の塊が心臓内にできて、脳などの大切な臓器や


手足の血管に突然詰まることを指します。


突然足を引きずりだしたり、


泣き叫んで転がり回るなどの劇的な症状が認められます。


 


◇◆◇◆心筋症の治療法は?◇◆◇◆


心筋症の原因となっている病気があれば、その治療をまず始めます。


また、呼吸困難などが認められている場合には、


心臓薬の内服により苦しさを和らげることができます。


血栓が作られやすい状態や、すでに心臓内に血栓が認められている場合は


「抗血栓薬」を内服し、血栓が血管につまることを予防します。


 


しかし、残念ながら心筋症自体を根本的に治す治療は


まだ見つけられていません。


今日のお話の中に出たような症状が見られれば


すぐに動物病院に通院し、できるだけ早く治療を開始することが大切です。


 


以上、少し難しい内容でしたがいかがでしたでしょうか?


 


ネコちゃんは具合が悪くても、それを隠す生き物です。


わが子と十分なスキンシップをとり、毎日の状態を見てあげる事で、


異常にいち早く気づいてあげられるようにしたいものですね。


 


※※※※※※※※※ご注意ください※※※※※※※※※※※


「JASMINEどうぶつ循環器病センター」はかかりつけ医からの


紹介症例のみを予約制で診療する二次診療施設です。


診療には、病歴や治療・検査歴などの詳細情報が必要です。


診察を希望される際は、まずかかりつけの動物病院にご相談下さい。


詳細はこちらからhttp://www.jasmine-vet.co.jp/customer/


top_main01