世界にひとつのうちの子オリジナルグッズと、目的別こだわりのペットケア用品。

新規会員登録ログイン

ようこそ、ゲストさん

「どうぶつ健康通信」ワンちゃん版10月号★ワンちゃんの白内障★

2014/10/09(木)どうぶつ健康通信

FC029 - コピー (2)


★もくじ★


○白内障って高齢だからなるの?


○白くなったら何がダメなの?


○お家でどんな症状に注意すればよいの?


 


ワンちゃんの白内障


担当獣医師:原


トイ・プードルのあんずちゃんは、いつも元気いっぱいで、ご飯も

もりもり食べますが、飼い主である鈴木さんは、最近少し気になる

ことがあります。

それは、あんずちゃんの目が白っぽくなってきていること。

実は、鈴木さん自身も白内障の手術をしたばかりだそうです。

10月10日は目の愛護デーです。

自分自身の目の愛護だけでなく、ワンちゃんの目にも注目してみましょう。


 


◇◆◇◆白内障って高齢だからなるの?◇◆◇◆


白内障と聞いて、まず思い浮かぶのはどんなことでしょうか。

目のレンズが白くなる病気? 加齢によって発生する病気?

鈴木さんも、まさか5歳のあんずちゃんが白内障だなんて考えもしませんでした。

確かに、高齢になると、どんな子でも徐々に目のレンズが白く濁ってきます。

これは、年を重ねるとシミやシワが出来るのと似た、加齢性の変化と言われて

います。しかし、白内障には、若くして発症するケースがあります。

それは、遺伝や糖尿病が原因で起きるもので、必ずしも加齢によって発生する

ものではありません。


 


◇◆◇◆白くなったら何がダメなの?◇◆◇◆


念のため、鈴木さんはあんずちゃんを動物病院へ連れて行きました。

目を診てもらったところ、やはり白内障のようですが、まだ初期段階と

いうことで様子を見ることになりました。

白内障は、目のレンズである水晶体が白く濁る病気です。

では、白く濁ることでどのような問題が起きるのでしょう。

レンズが濁れば、もちろん視力に影響します。

白内障が進行するとレンズの構造が壊れ、ぶどう膜と呼ばれる組織に炎症を

起こす「ぶどう膜炎」を併発したり、眼球内の圧力(眼圧)が異常に上がる

「緑内障」を併発することがあります。これらによって失明することもあります。


このように「今」はそれほど問題ではなくても、時間をかけて進行することも

あれば、急に進行することもあります。

病院で白内障の診断を受けたあとも、お家で目の様子を確認し、病院でも定期的に

診察してもらうと良いでしょう。


 


◇◆◇◆お家でどんな症状に注意すればよいの?◇◆◇◆


白内障に関わらず、目の病気では飼い主さんが症状に気付けるポイントが

たくさんあります。

代表的なポイントは、「目が赤い」ことです。

「目の赤さ」だけでなく、その部位も重要です。

白目の部分か、まぶたをめくったところか、それとも目の周りかなどを

チェックすると良いでしょう。

1つの症状から、この病気だと絞ることはできませんが、いかに早い段階で

異常に気付くかはその後の治療にも関わる重要なことです。


以下に、見て分かる目の異常を一部お伝えします。

■目が赤い(どこが赤いか、どのくらい赤いか、突然なのか徐々になのか等)

■目をしょぼしょぼさせている、まぶしそうにしている(片目か両目か)

■黒目の中央(瞳孔)の大きさが、左右で異なる

■目が飛び出ている


大事なのは日頃からワンちゃんの目をよく見ることです。

異常を知るにはまず正常を知ることから。

目の愛護デーは、いつも以上にワンちゃんと見つめあってみませんか。