世界にひとつのうちの子オリジナルグッズと、目的別こだわりのペットケア用品。

新規会員登録ログイン

ようこそ、ゲストさん

「どうぶつ健康通信」ネコちゃん版4月号★熱中症、春からご注意を!★

2014/04/01(火)どうぶつ健康通信

FC195


★もくじ★


○熱中症、春からご注意を!


○熱中症になってしまったら


○熱中症からネコちゃんを守るには



◆◇◆◇◆熱中症、春からご注意を!◆◇◆◇◆


担当獣医師:金子



すっかり春らしくなり、気持ちのよい季節になりましたね。


春になったとはいえ、肌寒い日もあり、暑さ対策なんてまだまだ先の話…


と思われるかもしれませんが、今回は熱中症のお話です。


実は春先にも熱中症は起こります。暑さに体が慣れていないのに


急に気温が上がると、人もどうぶつも熱中症になりやすいと言われています。


特に、密閉された室内や車の中で起こる熱中症は真夏だけではないのです。


4月のある日の夕方、「もなかちゃん」(混血猫 5歳)が


慌てた様子の飼い主さんに抱きかかえられ、病院へやってきました。


「仕事から帰ってきたら、もなかがベッドの上で動かず


口を開けて呼吸しているんです。」


キャリーバッグから出てきたもなかちゃんは、口を開けて呼吸をしていて、


明らかに苦しそうです。体温を測ってみると、40.5℃。


この日は4月でも気温が高く、日中は25℃以上の夏日でした。


この日の気温と症状から熱中症を疑いました。


さらに診察を続けながらお話を伺ってみると、


もなかちゃんは昼間いつもひとりでお留守番をしていますが、


まだ4月ということで特に温度管理を気にせず、お部屋の窓は閉め切っていたそうです。



◆◇◆◇◆熱中症になってしまったら◆◇◆◇◆


熱中症の治療は、まずは熱を下げることが第一です。


体温が下がりやすくなるように、もなかちゃんの体を水で濡らした後、


冷風を送りながら、脇の下や股の間といった太い血管のある部分に保冷剤をあてます。


体温が下がりすぎないように注意しながら、39℃台になるまで冷却の処置を行います。


血液検査の結果、腎臓や肝臓にダメージはないようでしたが、


脱水を改善する点滴を行うために一晩入院することになりました。


翌日にはすっかり元気を取り戻し、無事に退院することができました。


もなかちゃんは、飼い主さんが気づいてすぐ病院に


連れてきてくれたことで、大事には至りませんでしたが、


重症になるとけいれん発作や意識の喪失、ショック症状を起こし、


死に至ることもあります。


熱中症が疑われたら、病院に連れていくまでの間も、ネコちゃんの体を


水を含んだタオルで包み、保冷剤を使って体を冷やす応急処置をすることが重要です。



◆◇◆◇◆熱中症からネコちゃんを守るには◆◇◆◇◆


熱中症は飼い主さんが気をつけてあげることで予防できます。


真夏だけでなく、気温が徐々に高くなってくるこの時期から


気をつけてあげましょう。


お家の中でお留守番する場合は、室内の風通しを良くしたり、


風が通らない部屋ではエアコンをつけたりして、


室温が高くなり過ぎないようにしましょう。


また、除湿機能を活用したり、カーテンやすだれなどで遮光して


室温の上昇を防ぐのも効果的です。


いつでも新鮮なお水を飲めるようにしておくことや、


日頃から肥満にさせないように心掛けることも大切です。


旅行やお出かけにも快適な季節になり、車にネコちゃんを


乗せる機会があるかもしれません。その際は短時間でも絶対に


車の中に置いていかないように気をつけてくださいね。



【熱中症対策はこちらから「STOP熱中症プロジェクト」】


http://www.anicom.co.jp/stopheatstroke/