世界にひとつのうちの子オリジナルグッズと、目的別こだわりのペットケア用品。

新規会員登録ログイン

ようこそ、ゲストさん

「どうぶつ健康通信」ワンちゃん・ネコちゃん共通 2016年5月号★ワンちゃん・ネコちゃんが食べると危険なもの★

2016/05/23(月)どうぶつ健康通信

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


★もくじ★


○キシリトール


○ブドウ・レーズン


○プロピレングリコール


 


担当獣医師:中山


日差しが暖かく、心地の良い日が多くなってきました。

外出の予定が増えると、ワンちゃん・ネコちゃんがお留守番する機会も

増えるのではないでしょうか。




本日はお留守番時に多いトラブル、誤食の中の食べ物編。

「これ、食べても大丈夫だと思っていたのに…」という食品について

ご紹介いたします。


ワンちゃん・ネコちゃんが食べると危険なものの代表格は、ご存じの通り

玉ねぎ類、チョコレート。

あまり知られていないですが、近年、中毒の報告が増えてきているものに

キシリトール、レーズン・ブドウなどがあります。


◇◆◇◆キシリトール◇◆◇◆


歯のケアと言えばキシリトール。

ヒトでは虫歯の原因となるミュータンス菌を減らす、歯の再石灰化を助ける等

メリットが大きいと言われており、甘味料としてガム・飴・タブレットなどに使用

されています。

では、ワンちゃんではどうでしょうか。

私も病院で、「ワンちゃんがお留守番の間にガムのボトルの中身を全て

食べてしまった」「飴を落としたら食べられてしまった」などの相談を受けた

ことがあります。

「歯がきれいになるかしら」などと冗談を言われる方もいらっしゃいますが、

キシリトールはワンちゃんにとっては怖い物質です。


キシリトールがワンちゃんの体内に入ると、血糖に働くホルモンである

インスリン分泌が刺激されます。その結果、ワンちゃんはふらつき、痙攣、

失神など低血糖の症状を示します。

小さなタブレット数粒でも、小型犬では命に関わることもあります。


ネコちゃんでは、まだ報告がありません。

ネコちゃんは新しい食べ物に対して警戒心が強いため、キシリトールの誤食が

原因の事故が起こりにくいのかもしれません。


◇◆◇◆ブドウ・レーズン◇◆◇◆


レーズンパン・レーズンクッキー・レーズンアイスクリーム…

テーブルの上やキッチンに置きっぱなし、などということはありませんか。

ブドウ・レーズンを食べたことが原因で、ワンちゃんの腎臓に障害がでた症例

も報告されています。

中毒が起きるメカニズムが解明されていないため、ネコちゃんでの危険性

はわかっていませんが、ネコちゃんの腎臓の機能を司るネフロンの数は、

ワンちゃんの半分しかないと言われています。腎臓に負担がかかる可能性が

あるのであれば、ネコちゃんも気をつけたい食品です。


◇◆◇◆プロピレングリコール◇◆◇◆


ヒトのうどん・おにぎりなどの保湿・静菌のために使用されている食品添加物

です。ペットフード安全法では、赤血球の形の異常が確認されているため、

ネコちゃんのフードへの使用が禁止されています。

ワンちゃんでは、同様の報告がなく、フードの規制対象にもなっていません。


どうぶつは、大切な家族です。家族ですが、消化・代謝機能などヒトとは違う

部分もあるため、ヒトに安全な食べ物でもワンちゃん、ネコちゃんには毒性を

示すこともあります。

大切な家族との、幸せな毎日を守るために、体の違いを知り、少し意識して

みませんか。


食べ物だけでなく、ごみ箱に捨てた骨や串・袋、小さなおもちゃ、ヒトの薬…

危ないものを知り、意識して片付けるだけで、ワンちゃん、ネコちゃんの安全を

守ることができます。

ヒトもワンちゃん、ネコちゃんも安全で楽しい毎日を過ごせますように。