世界にひとつのうちの子オリジナルグッズと、目的別こだわりのペットケア用品。

新規会員登録ログイン

ようこそ、ゲストさん

「どうぶつ健康通信」ネコちゃん版9月号★ネコちゃんの狂犬病★

2014/09/09(火)どうぶつ健康通信

FC166


★もくじ★


○狂犬病はワンちゃんの病気?


○狂犬病はどんな症状が出るの?


○狂犬病ワクチン接種はネコちゃんにも必要?


 


ネコちゃんの狂犬病


担当獣医師:近森 明香


狂犬病ってワンちゃんだけの病気だと思っている方も多いのではないでしょうか?


実はそうではありません!9月28日は、狂犬病ワクチンを開発したパスツールの命日であることから、「世界狂犬病デー」として、様々なイベントが世界中で行われます。


今月は、狂犬病についてお話したいと思います。


 


◇◆◇◆狂犬病ってワンちゃんの病気?◇◆◇◆


「狂犬病」という文字だけみるとワンちゃんの病気と思いがちですが、


狂犬病は人を含むすべての哺乳類が感染する感染症です。もちろんネコちゃんにも感染します。


狂犬病ウイルスを保有するどうぶつによって咬まれたり、引っ掻かれたりすることで感染し、発症します。


世界では、ほとんどの地域で発生していて、毎年5万人以上が亡くなっています。


 


現在、日本は数少ない狂犬病清浄地域で1957年以降発生はありません。


しかし、昨年、日本と同じ島国で、長年、狂犬病が発生していなかった台湾で、


半世紀ぶりに狂犬病が発生しました。日本でも、いつ狂犬病が発生してもおかしくはありません。


 


◇◆◇◆狂犬病はどんな症状が出るの?◇◆◇◆


狂犬病という言葉を聞くと怖いイメージがありますが、どんな症状が出ると思いますか?人では感染してから、


症状が出るまでの期間(潜伏期間)は1~3ヶ月間です。


症状は発熱、食欲不振が起こったのち、徐々に麻痺、精神錯乱などの神経症状が起こり、


わずか10日程度でほぼ100%が死に至ります。


発症した後の有効な治療法はありませんが、咬まれた直後であればワクチンによって治療をおこなうことが可能です。


どうぶつも同様に神経症状を呈し、100%死亡します。


人もどうぶつも狂犬病を発症すると有効な治療法がなく、最も怖い病気の一つです。


そのため人もどうぶつもワクチンによる予防が重要です。


 


◇◆◇◆狂犬病ワクチン接種はネコちゃんにも必要?◇◆◇◆


ワンちゃんは法律で狂犬病ワクチンの接種が義務づけられていますが、


ネコちゃんでは義務化されていないのが現状です。(※)


でも、「あれ?ネコちゃんにも狂犬病ワクチンを接種した方がいいのでは?」と


思われる方もいるかも知れません。


 


実は、この法律は「人を守る」という観点で、ワンちゃんにのみ狂犬病ワクチンの接種が義務付けられているという背景があります。なぜなら、人への感染は、ワンちゃんに咬まれることで発生することがほとんどであるためです。


一方、ネコちゃんへの感染予防を考えると、もちろんワクチン接種が最も確実な予防法です。


しかし、お家の中だけで飼っているネコちゃんは、感染の可能性はかなり低いと考えられます。


そのため、ネコちゃんへの狂犬病ワクチンは「接種する必要がある」とまでは言えないものの、


予防の観点では「接種が望ましい」と言えるかも知れません。


 


※海外へ渡航する際は、ネコちゃんでも狂犬病の予防接種が義務付けられることがほとんどです。ご注意ください。


 


【最後に】


人は狂犬病流行地へ行く際、渡航前にワクチン接種しておくことが勧められています。


また、海外では不用意に動物へ近づかないよう注意しましょう。